【函館新馬戦】モルトアレグロ古馬に先着 武井師「スピードは相当」

[ 2017年6月22日 05:30 ]

 土曜函館6R(ダート1000メートル)でデビュー予定の米国産馬モルトアレグロ(牝=武井、父スペイツタウン)は、Wコースで4F55秒2〜1F12秒2(強め)をマークし、古馬グリーンバシリスク(4歳500万)に2馬身先着した。

 武井師は「美浦にいる時はコントロールが利かなかったが、最近は改善してきた。スピードは相当。(同じ父の)リエノテソーロより現時点の完成度は劣るが、将来性は高い」と期待は大きい。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2017年6月22日のニュース