【宝塚記念】ミッキークイーン「いい動き」浜中納得の好反応

[ 2017年6月22日 05:30 ]

浜中を背に追い切るミッキークイーン(左)
Photo By スポニチ

 馬の行く気に任せて軽やかな脚取り。ミッキークイーンが弾むようにCWコースを駆け抜けた。最終追いは浜中が手綱を取り、ビートフォーセール(3歳未勝利)と併せ馬。序盤は僚馬を2馬身前に見る形で追走。半マイルから徐々にピッチを上げていき、直線手前でエンジン点火。並ぶ間もなく内から鋭く、馬なりのまま4F54秒7〜1F12秒1の好時計をマークした。引き揚げてきた鞍上は、納得の表情で手応えを振り返る。

 「2週続けて時計を出しているので、今朝はストレッチをするような感じで反応を確かめる程度。馬に気も入っていたし、いい動きでしたね」

 2走前の阪神牝馬Sは左前脚の繋側靱帯(けいそくじんたい)炎を克服して復活V。ところが前走のヴィクトリアマイルは7着に終わった。鞍上は「手前を何度も替えて、いつもの沈み込む感じがなかった。左回りは見えないところで馬が脚元を気にしていたのかも」と振り返る。今回は【3・3・0・0】と連対を外していない得意の阪神コース。

 「本来は中距離がベスト。体幹が強く走りのバランスがいいので、道悪は苦にしない。自分の競馬をしたい」。浜中がクイーンのスタイルを貫いた時、大金星が待っているかもしれない。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2017年6月22日のニュース