【宝塚記念】“浅見流”レインボーライン軽め追い 阪神替わりは歓迎

[ 2017年6月22日 05:30 ]

 レインボーラインは、坂路単走で4F59秒9〜1F14秒0をマーク。強い横風が吹く中、真一文字に駆け上がった。

 若松厩務員は「動きは良かったし、いい意味で平行線です」と満足げ。この日は軽めだったが“浅見流”の日曜追いでは坂路4F50秒4の好時計を出した。「日曜もそれなりに動けていた。前走(天皇賞・春12着)はスタートから、かみ合わず力を出し切っていない。阪神も良さそうだし、雨馬場も気にならないから」と舞台替わりを歓迎。09年以降、5勝しているステイゴールド産駒だけに侮れない。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2017年6月22日のニュース