【宝塚記念】キタサンブラックは8枠10番!4年連続勝利中の8枠に

[ 2017年6月22日 14:10 ]

天皇賞春を連覇し、宝塚記念ファン投票1位で選出されたキタサンブラックと武豊
Photo By スポニチ

 25日に阪神競馬場で行われる中央競馬・上半期の総決算「第58回宝塚記念」(G1、芝2200メートル)の枠順が22日、確定した。大阪杯→天皇賞春とG1を連勝中のキタサンブラック(牡5=清水久厩舎、武豊)は8枠10番に入った。8枠は13年から4連勝中の好枠。 宝塚記念

 過去20年で最少タイとなる11頭で行われる今年の宝塚記念。天皇賞春でキタサンブラックに2着惜敗し、打倒王者に燃えるシュヴァルグラン(牡5=友道厩舎、福永祐一)は5枠5番に、15年の有馬記念ではキタサンブラックを下し優勝したゴールドアクター(牡6=中川厩舎、横山典弘)は2枠2番に入った。

 枠順は以下の通り

1枠1番 ミッキーロケット(牡4=音無厩舎、和田竜二)
2枠2番 ゴールドアクター(牡6=中川厩舎、横山典弘)
3枠3番 スピリッツミノル(牡5=本田厩舎、幸英明)
4枠4番 クラリティシチー(牡6=上原厩舎、松山弘平)
5枠5番 シュヴァルグラン(牡5=友道厩舎、福永祐一)
6枠6番 シャケトラ(牡4=角居厩舎、C・ルメール)
6枠7番 レインボーライン(牡4=浅見厩舎、岩田康誠)
7枠8番 ミッキークイーン(牝5=池江厩舎、浜中俊)
7枠9番 ヒットザターゲット(牡9=加藤敬厩舎、川田将雅)
8枠10番 キタサンブラック(牡5=清水久厩舎、武豊)
8枠11番 サトノクラウン(牡5=堀厩舎、M・デムーロ)

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2017年6月22日のニュース