【天皇賞・春】ファタモルガーナまだまだ若い!ベスト舞台で一発だ

[ 2016年4月28日 05:30 ]

坂路を駆け上がるファタモルガーナ

 ファタモルガーナは坂路で単走追い。4F56秒4~1F13秒6と平凡な時計だった。「馬場が悪いのもあった。調子はいいと思います」と三浦助手は意に介さなかった。

 ずっと長い距離を使われており「引っ掛かることはないし、長丁場はベスト。ゲートも問題ない。自在でどこからでも行けます」。体を見てもまだまだ若々しい。タフネス8歳馬が一発を狙っている。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2016年4月28日のニュース