【天皇賞・春】アルバート 淀に実績あり、上積みにも期待

[ 2016年4月28日 05:30 ]

単走で追い切るアルバート

 日経賞4着のアルバートはWコースで単走追い。スムーズな脚さばきで駆け抜けた。「しまいはいつもよりビシッとやった。前走後は至って順調。休み明けを使った上積みもある」と橋本助手。

 適性については「そんなに経験していない条件だが、距離はステイヤーズSを勝っているくらいだし、淀にも実績がある。相手は強くなるが期待はある」と力を込めた。

続きを表示

「砂の王者決定戦 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典(G3)」特集記事

2016年4月28日のニュース