アルビアーノがヴィクトリアM回避 木村師「疲れ抜け切らない」

[ 2016年4月28日 05:30 ]

 高松宮記念3着のアルビアーノ(牝4=木村)が疲労のため、予定していたヴィクトリアマイル(5月15日、東京)を回避することが27日、決まった。木村師は「高松宮記念の疲れが抜け切らない。万全の状態で出走させることが難しいと判断し、決断しました」とコメントした。

 同馬は驚速レコード決着となった高松宮記念で馬群の内から脚を伸ばして3着。レース後は初のG1タイトル奪取へヴィクトリアマイルを目標に定め、福島県のノーザンファーム天栄へ放牧に出されていた。「タフなレースをした影響もあったのかもしれない。復帰の時期は様子を見ながら探っていきたい」とトレーナーは見通しを語った。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2016年4月28日のニュース