【天皇賞・春】ブラック順調12秒0!清水久師自信「いい状態キープ」

[ 2016年4月28日 05:30 ]

CWコース併せ馬で追い切られたキタサンブラック(手前)

 ド派手なパフォーマンスは封印した。キタサンブラックはCWコースでクールヤシャマル(3歳未勝利)との併せ馬。3馬身追走の形から格下の相手を圧倒するかと思いきや、併入でフィニッシュした。7F97秒3~ラスト1F12秒0。ビュッと切れた印象はなかったが、見た目よりも時計は出た。清水久師も仕上がりに自信を持つ。

 「いい時計でしたね。予定より1、2秒速かったけど、無理をしたわけではない。最後は12秒フラットが出ているような感じはしなかった。イメージ通りに来ています。オーナー(北島三郎氏)にも順調ですと、安心していただこうと思います」

 鞍上・武豊の海外遠征により、黒岩が付きっきりで稽古をつけている。1週前は自身が乗りCWコースで6F80秒2~1F12秒1。態勢は整っている。黒岩も好気配を告げた。

 「前走で仕上がってましたからね。グンと良くなっている感じではないけど、いい状態をキープしてます。今回は息の入りがいい。呼吸も乱れてない。気配が落ちていることはないです」

 前走の大阪杯はG1馬5頭が出走したスーパーG2だった。有馬記念同様に逃げの手を打ったが、最後はアンビシャスに差され首差の2着惜敗。トレーナーは振り返る。

 「あの着差だったんで、勝ちたかった。負けはしたけど、内容は良かった。今年の初戦としては、まずまずいいスタートを切れたと思います」

 武豊はこのレースで6勝。清水久師は今回も逃げるかどうかを問われ「そのあたりはジョッキーに任せます」と全幅の信頼を寄せた。長丁場は騎手の頭脳プレーが大いに幅を利かせる。“平成の盾男”が絶妙にエスコートする。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2016年4月28日のニュース