【天皇賞・春】トーセンレーヴ 印象薄いが侮れない

[ 2016年4月28日 05:30 ]

トーセンレーヴ(右)と併せ馬で追い切られたサトノノブレス

 トーセンレーヴはCWコースの3頭併せで最内へ。サトノノブレスの動きが目立ったせいもあって、インパクトは薄かった。「首を下げて巻き込むような走りをするので、この馬場は走りづらい」と池江師。

 4週連続でいっぱいに追われ、負荷をかけられている点は好感が持てる。昨年の有馬記念(6着)で騎乗したボウマンは「道中で2つの大きな不利がなければ勝っていた」と言うほど。近走の着順で見限るのは早計だ。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2016年4月28日のニュース