【天皇賞・春】ファントムライト スタミナに自信

[ 2016年4月28日 05:30 ]

坂路を駆け上がるファントムライト(左)

 ファントムライトは初の長距離戦。最終調整は三浦を背に坂路でガリバルディ(5歳オープン)と併せ4F55秒4~1F12秒7。力強い脚取りで僚馬に2馬身先着した。

 一昨年秋以来のコンビとなる三浦は「以前に乗ったときよりも馬が仕上がっていて、状態の良さが伝わってきた。乗りやすさと自在性があるので距離は問題ないと思う」と手応え。藤原英師は「最近は相手なりに崩れないし、走りが完成されてきた。瞬発力勝負では厳しいがスタミナ勝負なら」と消耗戦のレースを願った。

続きを表示

「砂の王者決定戦 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典(G3)」特集記事

2016年4月28日のニュース