【天皇賞・春】レーヴミストラル好仕上がり 距離も問題なし

[ 2016年4月28日 05:30 ]

坂路を駆け上がるレーヴミストラル(右)

 レーヴミストラルは坂路でミッキーシャンティ(3歳未勝利)との併せ馬。軽い脚取りで悠然と先着した。4F55秒7と全体時計は遅いがラスト1F12秒8に出来の良さがありあり。

 高野師は「相手を見ながらタメて1Fだけ。素軽いし弾みもあった。いい仕上がりです」と満足げ。距離に関しても「掛かる馬でもないので大丈夫でしょう。距離が持たないとは、携わる人間の誰一人思ってませんから」と話していた。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2016年4月28日のニュース