【天皇賞・春】シュヴァルグラン“一番良い”成長待ったかいあった

[ 2016年4月28日 05:30 ]

福永を鞍上に切れ味を見せるシュヴァルグラン

 阪神大賞典の覇者シュヴァルグランにはドラマの筋書きが用意されているかのようだ。昨年の菊花賞をあえてパスしたのが象徴的な例だろう。

 「あの時はオーナーと相談して“成長を待とう”ということになった」と友道師は回顧。オーナーはメジャーリーグでも活躍した大魔神・佐々木主浩氏だ。野球に例え、シュヴァルグランの半年前はメジャーに昇格前のマイナーの力量…と推測すればイメージできる!?

 機は熟した。舞台はG1でも臆することはない。この日は本番のパートナーを背にCWコースでリハーサル。アドマイヤカーリン(古馬1000万)を追走して直線は内に潜り1馬身先着。6F84秒5、ラスト1F12秒3。馬なりゆえに申し分ない時計だ。

 「最後、1Fだけ伸ばした。先週に強い負荷をかけているので、ちょうどいい。乗っていい、というより競馬でいいタイプ。調教で良く見せない中できょうは一番良かった」

 会見で好感触を強調した福永は急成長の要因を問われると「(陣営が)成長曲線を見抜いていた。菊花賞をパスして待ったかいがあった。結果を見るとそう思う」と話した。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「セントライト記念」特集記事

2016年4月28日のニュース