【天皇賞・春】フェイムゲーム いざ“三度目の正直”

[ 2016年4月28日 05:30 ]

丸田を背に併せ馬で追い切られたフェイムゲーム(左)

 昨年の2着馬フェイムゲームは、坂路で軽く脚慣らしを終えてからWコースへ。ロングシャドウ(6歳1000万)を2馬身後方から追走し、直線で内に馬体を併せると、手応えに余裕を残したまま併入した。動きを見届けた宗像師は「先週はスムーズさを欠いたが、今週は動きが良くなった。ゴール板を過ぎても一生懸命走っていたし、気持ちも乗ってきた」と満足そうな表情を見せた。

 昨秋は豪州遠征を経験。帰国初戦のダイヤモンドSは58・5キロの酷量を背負いながら、2着に食い込んで地力を見せつけた。「重量が重く馬場も悪い厳しい条件の中頑張ってくれた」と師。天皇賞・春は3年連続の参戦。「毎年強いメンバーが出てくるが、何とかいい結果を、と思って送り出す。京都をよく知っているボウマンにも期待。できれば良馬場で」と、悲願達成へ期待を込めた。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2016年4月28日のニュース