【ヴィクトリアM】滑り込みゴールデンナンバーに一発気配

[ 2014年5月15日 05:30 ]

三浦を背に迫力のある走りを見せるゴールデンナンバー

 【G1ドキュメント=14日】ゴールデンナンバーを送り出す鈴木康師の携帯電話が鳴ったのは追い切りから1時間半後だった。電話機の向こうから弾んだ声が師の耳に飛び込んでくる。「パワフルでいい走りでした。少し力みがありますが、折り合えば凄い脚を使えそうな感触です」。電話の主は同馬と初コンビを組む三浦。同師が追い切り騎乗も依頼したところ、こんな報告が届けられた。

 「男馬みたいなフットワークをしているからな。体重は前走から20キロ近く増えているが、太め感はない。私の目にも申し分ない動きに映った」。鈴木康師は電話を切ると、傍らの梅崎に手応えを語り始めた。

 Wコースで単走追い切り。前日の降雨でぬかるんだウッドチップを軽々と蹴り上げながら加速していく。三浦の手綱は最後まで抑えられたまま。それでも、大外を回って5F67秒5~ラスト1F12秒9を刻んだ。4月中旬にリフレッシュ放牧から帰厩後、坂路を含めてこれが5本目の追い切り。「賞金面から除外になるのを覚悟の上でリフレッシュしてきた。鉄砲も利く気性だから休み明けも苦にしない」と同師は言う。

 前日の時点ではフルゲート18頭に対して賞金19番目。除外対象になっていたが、関西馬マコトブリジャールの回避で滑り込み出走を果たした。勝負事に運が必要なら、ゴールデンナンバーはその運を持っている。しかも、NHKマイルCでブービー人気のダガノブルグを2着に導いた三浦から頼もしい報告。「道中スローで上がりが速いと追い込み切れないが、少しでも流れてくれれば」。同師は土壇場で巡ってきたチャンスに懸けている。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2014年5月15日のニュース