【ヴィクトリアM】メイショウマンボ 叩いて一変、11秒5!

[ 2014年5月15日 05:30 ]

CWコースの併せ馬で追い切られたメイショウマンボ(左)。切れのある本来の走りが復活した

 春の最強牝馬決定戦「第9回ヴィクトリアマイル」の追い切りが14日、栗東、美浦トレセンで行われた。G1・3勝馬メイショウマンボは、CWコースの併せ馬で切れ味十分の動き。休み明けをひと叩きしてきっちり調子を上げてきた。同レースは15日、出走馬が確定する。

【ヴィクトリアM】

 G1・3勝の女王メイショウマンボが、大舞台にきっちりと照準を合わせてきた。飯田祐師が「ジョッキー(武幸)が乗ると精神的に高ぶるので」と意図を明かすように助手が手綱を取っての最終追い。CWコースでメイショウキラリ(5歳1000万)と併せ6F85秒1をマークした。4角を回って手前を替えると、グンッと加速して馬なりのままラスト1F11秒5。3馬身半追走からゴール前ではビッシリと鼻面をそろえて併入に持ち込んだ。飯田祐師が満足そうな表情で振り返る。

 「前に馬を置いて折り合いもついて動きは良かった。昨年の秋華賞、エリザベス女王杯の状態とはいわないまでも、それに近いぐらいの出来にはあると思う」

 前走・大阪杯は牡馬一線級を相手に好位から追走するも直線でいつもの伸びを見せられず7着。父である飯田明弘元調教師から引き継いだ初戦だった。群れで行動する習性があるサラブレッドは、環境の変化に敏感だ。もともと休み明けは苦手なタイプだが、馬体が8キロ減っての出走になるなど誤算があった。

 「(新規開業の都合で)厩舎の引っ越しなどもあり、落ち着かないままでの調教で馬体を回復できなかった。前走後にもう一度引っ越しをしたが、今度は居心地が良さそう。休み明けより一度使った方がいいタイプなので上積みはある」

 前走は牝馬特有のフケの兆候もあり、カイ食いも悪く毛ヅヤもひと息だった。だが、この中間は状態面を立て直して馬体も良化。昨秋もローズS(4着)を叩き台にして上昇カーブを描いて、G1連勝を飾るなど実績を積み重ねてきた。昨春の桜花賞(10着)以来のマイル戦になるが「折り合って運べれば距離は問題ない。後は当日のテンション次第だね」と指揮官は巻き返しへ力を込める。

 勝利したレースでは6戦中、5戦で上がり3F最速の切れ者。直線が広くて長い東京コースはオークスで初めてのG1タイトルを獲るなど、持ち味が最も生きる舞台だ。4つ目のG1タイトル奪取へ、府中の長い直線を自慢の末脚で一気に突き抜けてみせる。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2014年5月15日のニュース