【ヴィクトリアM】クロフネサプライズ 叩いて良化、力強く12秒9

[ 2014年5月15日 05:30 ]

ラスト12秒9でまとめたクロフネサプライズ

 クロフネサプライズは田中博(レースは柴山)を背に坂路で単走。終始馬なりのままだったが力強いフットワークで駆け上がり、ラスト12秒9でまとめた。田所師は「先週に時計を出しているし予定通り。ひと叩きして良くなっている」と上積みを強調。作戦について「スピードがあって前々の競馬になるが、東京マイルを逃げ切るのは難しい。柴山くんも考えて乗ってくれれば」と好位抜け出しを示唆した。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2014年5月15日のニュース