【クロッカスS】プレイズ「成長」 11秒6の好時計

[ 2013年1月24日 06:00 ]

 土曜東京10Rは3歳オープンのクロッカスS。未勝利、かえで賞を連勝中のプレイズエターナル(牡=安田、父アドマイヤムーン)がCWコースで併せ馬。内のバジンガ(3歳新馬)から先行し、6F86秒6~1F11秒6の好時計で1馬身先着した。池添は「間隔が空いており、多少の余裕はあるが、いい動き。さらに良くなっているし、成長している」と手応え十分。1F延長となるが「乗った感じでは大丈夫。NHKマイルC(5月5日、東京)が目標になるだろうし、ここもパスしてほしい」。一気の3連勝を狙っていく。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2013年1月24日のニュース