【根岸S】トシキャンディ、しっかり伸び12秒2 長い直線が鍵

[ 2013年1月24日 06:00 ]

 カペラS7着のトシキャンディは坂路で単走。4F50秒3~1F12秒2と最後までしっかりと伸びた。天間師は「しまい重点。これくらいの時計は出る馬。急に良くなった感じはないが状態は安定している」と順調をアピール。昨年7月のプロキオンSで逃げ切りV。「この馬のペースで行けるかもしれないが、中京と違って東京の直線は長い。そう甘くはない」と慎重だった。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2013年1月24日のニュース