【大井・TCK女王盃】2番人気のJRAメーデイアが5馬身差圧勝!

[ 2013年1月24日 06:00 ]

 牝馬交流重賞「第16回TCK女王盃」が23日、大井で行われ、2番人気のJRAメーデイアが5馬身差圧勝。準オープン2着からの重賞初挑戦で初制覇を飾った。道中は3番手。逃げた単勝1・4倍のレッドクラウディアに3~4角で並ぶと直線で楽々と後続を突き放した。メーデイア、笹田師同様、TCK初登場だった浜中は「スタートは少し遅れたがその後はスムーズ。早めに競りかける真っ向勝負で強い競馬をしてくれました」と笑顔を見せた。

 ◆メーデイア 父キングヘイロー 母ウィッチフルシンキング(母の父ロードエイヴィー)牝5歳 栗東・笹田和秀厩舎所属 馬主・(有)社台レースホース 生産者・北海道安平町の追分ファーム 戦績12戦5勝(南関東1戦1勝) 総獲得賞金6910万2000円。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2013年1月24日のニュース