今年絶好調の矢作厩舎!6勝、賞金トップ 重賞1勝、特別3勝

[ 2013年1月24日 06:00 ]

 矢作厩舎は今年絶好調。首位の安田厩舎(6勝、2着2回)には2着数で及ばないが、6勝、2着1回で全国2位。その中味も重賞1勝、特別3勝と濃い。13日の日経新春杯は格上挑戦カポーティスター(10番人気)でV。オープンのジャニュアリーS(キョウエイカルラ)、準オープンの初夢S(タカオノボル)、寿S(アンコイルド)と高額条件を勝ち、総賞金1億4652万1000円。2位安田厩舎(1億331万8000円)を上回ってトップだ。根岸Sは10年グロリアスノアで勝った舞台でもある。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2013年1月24日のニュース