【根岸S】トウショウカズン 手応えよく伸び、上位争い自信あり

[ 2013年1月24日 06:00 ]

 休み明けのギャラクシーSで2着と地力を示したトウショウカズンは、坂路でビッグスマイル(5歳1000万)を追走して半馬身先着。手応えよく伸びて、4F55秒6~13秒2を刻んだ。領家師は「あまり速くならないようにと指示。いいね」とニンマリ。「前走後に腹痛の兆候を見せたが影響はなさそう。1400メートルは得意。ここでも期待している」と、上位争いに自信ありげだった。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2013年1月24日のニュース