【白富士S】ムーン圧巻の併せ馬 強いモノには逆らえない

[ 2013年1月24日 06:00 ]

 【東西ドキュメント・美浦=23日】朝一番の調教が一段落した午前8時半、南スタンド2階の調教師控室。加藤征師が報道陣に今週の出走馬を伝える。その輪に寺下も加わった。注目は東京開幕の土曜メーン・白富士Sのムーンリットレイクだ。目下4連勝中。勢いはトップクラスだ。当然、状態を伝える指揮官の声にも張りがある。

 「1週前の動きが、すこぶる良かった。休み明けでも好走してきた馬。今回も楽しみ」

 ここまで6戦して、敗れたのは2戦目のプリンシパルS(2着)だけ。師は「5連勝できる馬はなかなかいない」と前置きしながら「この後、もう1つオープン特別を勝って6連勝で重賞に挑戦するつもり」と壮大なプランを描いていた。

 その1時間後に行われたWコースでの最終追い。直線入り口で7馬身も前にいたシャドウライフ(4歳500万)と併入。ラスト1F12秒8。圧巻の併せ馬だった。人気でも逆らえない。寺下はつぶやいた。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2013年1月24日のニュース