山田孝之、小学5年生で義務教育を“放棄”した理由「これ自分の人生に使わないなって」

[ 2021年5月19日 22:52 ]

俳優の山田孝之
Photo By スポニチ

 俳優の山田孝之(37)が19日放送のフジテレビ「突然ですが占ってもいいですか?SP」(水曜後9・00)に出演。人気占い師の星ひとみ氏(40)の鑑定の結果、驚きの事実が明らかになった。

 星氏から「小学5年、6年で切り替えが少し入るんです。勉強と自分がついていけない状態とか、何かズレを感じているっていう」と鑑定されると、山田は「小学5年生のときから、義務教育の教科を、どんどん切り捨てていったんです。社会の教科書を読んでいたときに、古墳、土器とか出てきて。『何で割れたものを覚えないといけないのか。これいらないな』」と、驚きの告白。

 また「数学もπとか出て来たときに『これ自分の人生に使わないな。この辺はもういいや』って。割と余白があるので、今もどんどん新しいことが入ってくる」と持論を展開。共演した俳優の佐藤二朗(52)も「すごい…」と圧倒されていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月19日のニュース