IMALU、さんまと「共演NGで良かった」理由を告白

[ 2019年8月21日 12:19 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 タレントのIMALU(29)が21日深夜放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(火曜深夜0・25)に出演。父でお笑いタレント・明石家さんま(64)の番組収録を見学した時の心境を語った。

 この日共演したモデルの河北麻友子(27)から「彼氏は?」と問われると、IMALUは「いる。(交際期間は)1年半ぐらいで、音楽作っている人」と赤裸々に告白。母で女優の大竹しのぶ(62)には紹介したが「父親は会っていない」と言い、「両親2人に会うとしたら、それこそ結婚の時じゃないかな」。

 河北は「私、収録でもお父様と会う時は嫌だもん。緊張しすぎて本当に吐きそうになる」とジョーク交じりにさんまとの共演を回顧しつつ、さんまに彼氏を紹介する時のシチュエーションを想像すると「そんな緊張することなくない?」とその場の空気感に耐えられない様子。

 一方でIMALUは、さんまとの共演は「お互いNG」と打ち明けた。過去に収録現場を覗いたことがあるというが、「めっちゃ怖いよね。絶対無理だと思った。あの空気感は独特。共演NGで良かったと思った」と振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月21日のニュース