「なつぞら」撮了 磯CPが広瀬すず絶賛「セリフと芝居を完璧に頭に」放送残り1カ月「ここからが凄い」

[ 2019年8月21日 13:10 ]

1年3カ月の長丁場となったNHK連続テレビ小説「なつぞら」の撮影を完走した広瀬すず。クランクアップセレモニーで花束と絵を贈られ、笑顔(C)NHK
Photo By 提供写真

 NHKは21日、女優の広瀬すず(21)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)の撮影が20日深夜に終了したと発表した。

 NHKの発表に先立ち、この日午前、番組公式ツイッターとインスタグラムで報告。SNSで動画を使っての視聴者への先行報告は異例の試み。クランクアップセレモニーの様子が伝えられた。

 制作統括の磯智明チーフプロデューサーは「15カ月間に及ぶ長期撮影、大変お疲れさまでした。19歳、20歳、21歳という大切な時間を『なつぞら』に預けてくれて、本当にありがとうございます」と広瀬に労いと感謝。「超ハードスケジュールにもかかわらず、セリフと芝居を完璧に頭に入れ、いつも前向きに現場に臨んでくれました。広瀬さんがセンターに立ち続けたからこそ、出演者もスタッフもみんな、ドラマ作りに一生懸命に取り組むことができました」と最大級の賛辞を送った。

 「オンエアは残り1カ月あまりですが、ここからの広瀬さんが凄い。母として、アニメーターとして、様々なドラマが降りかかる中で、さらにパワーアップした芝居を見せてくれます。最後まで是非お楽しみください」と予告した。

 朝ドラのクランクアップはメディアに公開され、取材が行われるのが通例だが、昨年前期「半分、青い。」に続き、近年、異例の非公開。NHKは視聴者に物語に没頭してもらうためのネタバレ防止、20日の停電の影響もあって撮影が夜遅くに及んだことが理由だと説明した。大河ドラマは2016年「真田丸」のクランクアップが最終回の結末に触れるため、異例の非公開となった。

 節目の朝ドラ通算100作目。大河ドラマ「風林火山」や「64」「精霊の守り人」「フランケンシュタインの恋」、映画「39 刑法第三十九条」「風が強く吹いている」などで知られる脚本家の大森寿美男氏(52)が03年後期「てるてる家族」以来となる朝ドラ2作目を手掛けるオリジナル作品。戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描く。

 視聴率は第19週(8月5~10日)を除き、直近の第20週(8月12~17日)まで週平均(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)で大台20%超えと好調をキープしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月21日のニュース