爆笑問題・太田光 N国・立花党首批判でヒートアップ「誰がお前を応援するんだ!」

[ 2019年8月21日 16:38 ]

爆笑問題の太田光
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、爆笑問題の太田光(54)が20日深夜放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」(火曜深夜1・00)に出演。「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首(52)について「誰がお前を応援するんだバカ!」などと痛烈批判した。

 TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)でタレントのマツコ・デラックス(46)に「侮辱された」として抗議活動を続けている立花氏に対し、太田は、「マツコは(立花氏のことを)今の時点では気持ち悪いけど、これからでしょうねって言っているんだよ。それを言われた後の怒りが、完全に私怨というか。罵詈雑言を言っていて、太ってるとか男か女か分からないとか、ひどいもんだった」と斬り捨て、「これはさすがにマツコの人格否定だから。暴力なんだよあいつのやっていることは、言葉の暴力」と分析した。立花氏が東京・千代田区にあるTOKYO MXで、マツコを出待ちをしていた際の話題も持ち出し、「そこでさ、太田さんが散々挑発しているんですけど、なんで相手にしないんですか?って質問した人がいて。立花が『それは嬉しいからですよ、太田さんは僕の悪口を言いながら応援してくれているんですよ』って答えていたけど、そんなわけないだろ、立花!誰がお前を応援するんだバカ!いい加減にしろ、お前、ただの俺のファンじゃねぇのか」と語気を強めた。

 さらに、立花氏が「崎陽軒のシューマイは買いません」などと「5時に夢中!」のスポンサーに対する不買運動に言及し、その後謝罪したことについても、「それをやった時に立花の支持者は本当に買わないようにしたんだ。何日か経って『言いすぎました』っていうのは、お前こそが支持者を振り回している。お前の言葉の重みの無さを信用できないだろ。次の日に違うことを言うやつを。いい加減ああいうのやめろって」。ヒートアップした太田は続けて、「立花は『マツコさんと僕のはプロレスなんです』って言っちゃうんだよ、それはねぇだろ。一番つまんないのはプロレスラーがプロレスですって言っちゃうことなんだから。猪木が、タイガー・ジェット・シンとキャッチボールしてるんだよねって、口が裂けても言わないじゃん」とツッコみつつ、「俺の出待ちをしろ!」と立花氏を挑発していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月21日のニュース