小倉智昭氏 あおり殴打男とガラケー女の力関係「女性の方がひょっとしたら上なんじゃ…」

[ 2019年8月21日 12:38 ]

小倉智昭氏
Photo By スポニチ

 キャスターの小倉智昭氏(72)が21日、MCを務めるフジテレビ「とくダネ」(月~金曜前8・00)に生出演。茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、傷害容疑で逮捕された男(43)の逃走を助けたとして、犯人蔵匿と犯人隠避容疑で逮捕された女(51)について言及した。

 女は男の交際相手で、殴打事件では男の車に同乗し“ガラケー”を手にしながら被害者の車に近づき、暴行の瞬間を撮影したとみられる。

 番組では、神奈川県川崎市で育った女の50年来の知人らを取材。地元の高校を卒業後、就職した女は、20年ほど前に父親が他界し、3年ほど前まで母親と暮らしていたとし、知人の「お母さんを(家から)閉め出しちゃうらしいんですよ。一晩中、表に出してるとか。それで家に1回2回泊めてあげたことがある」という話を紹介するなどした。

 小倉氏は「男性との力関係というのは、女性の方がひょっとしたら上なんじゃないかっていうのが見えてくる」と指摘。その理由を「警察が(男を)確保しようとした時に、“〇〇さん、〇〇さん、手をつないでください”って、あのへんのコメント。そういうのが見えてくるような気がするんだよね」と説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月21日のニュース