高嶋ちさ子 玉川徹氏からの「名刺受け取り拒否」暴露にあ然

[ 2019年5月11日 09:51 ]

高嶋ちさ子
Photo By スポニチ

 バイオリニストの高嶋ちさ子(50)が10日放送のテレビ朝日「ザワつく!金曜日」(金曜後8・57)に出演。「名刺受け取り拒否」事件の真相を語った。

 高嶋は番組で迎えるゲストについて「できれば私よりも悪い人に来てほしい。私よりもひどいことがガンガン言って、ヤフーニュースとかに載っちゃう人。そういう人が来て、私が、ひどいそれ!って言うのが理想」とニヤリ。そこで、同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)のコメンテーターとして知られる、同局の玉川徹氏(55)が登場すると「グー!ベストです!」と大喜び。

 番組での激辛コメントで度々世間をざわつかせている玉川氏。「怖いものなしに見えるがただのテレ朝社員」とナレーションで玉川氏が紹介されると、高嶋は「知らなかった。ただの社員、こんなシマシマのスーツ着ない」と玉川氏着用のストライプのスーツをイジった。

 玉川氏は「僕、高嶋さん、怖くって」とポツリ。「ただの社員だから、ちゃんとあいさつしようと思って、名刺を持ってきた」と名刺を差し出し、高嶋が受け取ると「受け取ってもらえて良かった」と安ど。そんな玉川氏の様子に驚く高嶋だったが、玉川氏は「実は2回目なんです、お目にかかるの。1年に一回のカニを食べる会があって、僕もいたんです」と「カニを食べる会」の会合で一度会っていると告白。その時、「モーニングショー」のプロデューサーが名刺を差し出し、あいさつしようとすると、「私、情報番組の方から名刺いただきません!って言って(断った)」と高嶋の驚きの行動を暴露した。

 これには、進行役の「サバンナ」高橋茂雄(43)も「そんなことある?嘘でもええからもらっといたらええやん。世渡りってそうじゃないですか!」と全力でツッコミ。まさかの暴露に、高嶋はあ然。机をバンバン叩きつつ、真顔で押し黙った。

 そこで、会合で同席していたという元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(53)は「俺、それ、目の当たりにしてるのよ。(テーブルが高嶋と)同じ席だから。俺の隣は羽鳥慎一君がいるわけよ」と状況を説明しつつ「羽鳥くんも俺もちさ子ちゃん、コメンテーターとしてどう?って話をするわけよ」とその場で高嶋にコメンテーターの仕事についての話などをしていたという背景を明かした。長嶋は「(高嶋は)頑なに私は絶対やらない。情報番組はやらない(って言っていた)。この人はブレないんですよ。自分がやりたくない、嫌いなことはやらないんですよ」と続けた。

 それを聞いていた高嶋は「いいですか」と割って入り、「やりたくない、やらないではないんです。やれないんです。実力的に」とキッパリ。「情報番組で他人について何か語るには知識とかが足りないんです、私には絶対的に。手を出しちゃいけないって、自分の中で、家族にもうちの主人にも言われてるんです」と断固拒否した。実際に番組でコメンテーターを務めている長嶋が「僕もできるかできないかで言ったら、できない」と“謙そん”するも、高嶋は「(長嶋は)できないと思うけど、やってるからエライなと」と落とし、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月11日のニュース