吉本坂は迷惑行為にも慣れっこ!?「サバンナ八木さんは逆に客への迷惑行為」

[ 2019年5月11日 20:12 ]

「吉本坂46」の(前列左から)遠藤章造、河本準一(後列左から)山本圭壱、「かつみ・さゆり」さゆり、「ガンバレルーヤ」よしこ、まひる、大地洋輔、エハラマサヒロ、「パンサー」尾形貴弘
Photo By スポニチ

 吉本興業と秋元康氏(61)がタッグを組んで誕生した「吉本坂46」が11日、大阪市内でセカンドシングル「今夜はええやん」の発売記念イベントを行った。

 ど派手なメークと衣装でパフォーマンスするミュージックビデオ(MV)が話題で、この日もメンバーはMVのまま登場。素顔が分からないほどのメークで登場したエハラマサヒロ(36)は「もはや『オレたちひょうきん族』の(西川)のりお師匠がやった『オバケのQ太郎』状態。親も見つけられなかった」と笑わせた。

 今回は3ユニットに分かれてジャケットなども作成。最も売り上げたユニットが次曲の表題曲を歌えるとあって、夫婦漫才「かつみ・さゆり」のさゆりは「かつみさんが自腹で200枚買ってくれたんです。でも、もっと“応援したる”って会社にお金借りようとしてめっちゃ怒られてました」と独特の夫婦愛を明かした。

 前日10日には「坂道シリーズ」の3グループがストーカー被害を訴えたばかり。しかし、ダイノジの大地洋輔(46)は「迷惑行為とかされても慣れてますから。芸人はちょっと刺されたくらいじゃ…」とどこ吹く風。エハラも「サバンナ八木さんは握手会で、1人ギャグを10分以上やっていた。逆に客への迷惑行為」と暴露し爆笑を誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月11日のニュース