中居正広 古市憲寿氏からの指摘に困惑「ニュースになるんですか?」

[ 2019年5月11日 14:32 ]

中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(46)が11日放送のテレビ朝日「中居正広のニュースな会」(土曜正午)に出演。実は「ずいぶん前からスマホだった」と明かした。

 番組オープニングで、中居から2週間ぶりの出演について話を振られた社会学者の古市憲寿氏(34)が「なんか真面目な番組で『ワイドナショー』のスタッフがびっくりしてましたよ」とフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)のスタッフも番組をチェックしていることを告げると、中居は「あっちに行けばテレ朝の話、こっちに来れば『ワイドナ』の話」とチクリ。古市氏が「グルグル回していけばいいかなと」と不敵に笑うと、中居は「(チャンネル)5と8の間のTBSに出ればいいじゃないですか」と突っ込んだ。

 エンディングで、古市氏は「きょう、中居さんがスマートフォンをついに買ったってニュースなかったですね。ニューストップ5に入るかと思ったのに」と指摘を受け、中居は苦笑い。古市氏が「ついに、ガラケーやめたんですよね。ついに平成が終わったんだなって思って」と続けると、中居は「なんすかそれ、ニュースになるんですか?」と困惑。共演者からも驚きの声が上がる中、「スマホですよ。ずいぶん前からスマホだったんですよ。言うタイミングが(なかった)。それ、ニュースになってるんですか?」と困り顔を見せた。

 劇団ひとり(42)から「来週特集しましょうよ」と提案を受けるも、中居は「ずいぶん前からスマホですけど、用途は変わらない、ショートメールと電話だけなんで。アプリはできないです、まだ」とニヤリ。これには、劇団が「何のためのスマホだ!」と即ツッコミを入れ、笑わせた。

 中居は2日深夜放送のニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)で、「ア~イフォンで~す」とガラケーを卒業していたことを告白し話題に。「アプリができないんですよ。アプリとかができないからLINEもできないし。メールアドレスもないんですよ。メールする時もショートじゃないですか、僕らの会話が。『朝、無理』とか」とショートメールで事足りると主張していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月11日のニュース