キンコン梶原、家賃20万アップの理由…“上沼の言葉”に従ったはずが「私は言うてません!」

[ 2019年5月11日 22:00 ]

「キングコング」の梶原雄太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太(38)が10日放送の関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。自宅の家賃をアップさせた理由を明かした。

 MCの上沼恵美子(64)に「何でもかんでも売れたら東京出ていくって人は好かん!」と散々イジられた梶原。さらに東京の自宅について「無理して50万円の家賃の所にね、住んでるんですよ」とバラされ、梶原は苦笑いしていた。

 しかも上沼は「それまでは30万円ほどのところに住んでた」と20万円の家賃アップがあったことも説明。「20万円も月(あたり)に上げるってつらいな」とブッコんできた。

 それについて梶原は「上沼さんのお言葉があったのでね…」と上沼のアドバイスに従ったことを告白。しかし、上沼は「私は言うてません!」とバッサリ斬り捨てた。

 まさかの反応に梶原は口をアングリ。梶原は「いい家住んだ方が出世する」と言われたと主張していたが、上沼は「それは(家賃が)7万5000円っていうた芸人さんがいたんで、それやったら『12~13万円出しぃ』言うたんです。そしたら『そこ(の家賃を払える)まで売れるようになる』言うたんです」と、あくまで“庶民レベル”での意見であったことを強調。「あなたにはアドバイスはしたことない」と梶原を突き放した。

 最後に上沼は「(家賃)30万の人が、50万(にアップ)っていうたから心配してんのよ」と、梶原自身に無理が生じてないか、思いやる気持ちを見せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月11日のニュース