欅坂46 初の単独武道館公演、キャプテン菅井友香「本当にみなさんのおかげ」

[ 2019年5月12日 00:00 ]

熱唱する平手友梨奈(中央)ら欅坂46(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 女性アイドルグループ「欅坂46」が11日、東京・日本武道館でデビュー3周年記念ライブを行った。9日からの3日間公演で、計3万人を動員した。

 単独で初の武道館公演。キャプテンの菅井友香(23)は「全員で初めてここ武道館に立たせていただいてます。本当にみなさんのおかげだと思っています」とファンに感謝。小池美波(20)も「目標でもあった武道館。3年間支えてくれた方がいたから。このステージで何か恩返しができたら」とかみしめた。

 欅坂ワールドでファンを魅了した。「大人は信じてくれない」「エキセントリック」などメッセージ性の強い楽曲を前半に並べ、最後は「風に吹かれても」「アンビバレント」、アンコールの「黒い羊」とシングル曲を連発して締めた。ユニット曲はゼロ。全員で立つ武道館を意識したセットリストだった。

 昨年1月に武道館公演を予定していたが、センターの平手友梨奈(17)のけがで中止。1年以上たったが、それだけパフォーマンスも成長。ファンを休ませる暇も作らない、ほぼノンストップの本編90分間だった。

<セットリスト>
1 危なっかしい計画
2 避雷針
3 大人は信じてくれない
4 月曜日の朝、スカートを着られた
5 エキセントリック
6 I’m out
7 Nobody
8 二人セゾン
9 キミガイナイ
10 もう森へ帰ろうか?
11 君をもう探さない
12 東京タワーはどこから見える?
13 Student Dance
14 語るなら未来を…
15 風に吹かれても
16 アンビバレント
EN 黒い羊

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月11日のニュース