「レミゼ」出演の福井晶一 男児誕生を報告「命の重さ肌で感じた」

[ 2019年4月20日 21:05 ]

ミュージカル「アイーダ」1周年記念カーテンコールで歌う福井晶一
Photo By スポニチ

 名作「レ・ミゼラブル」の主人公ジャン・バルジャン役などで知られるミュージカル俳優の福井晶一(45)が男児が生まれたことを自身のブログとツイッターで発表した。

 ブログには「4月8日、都内病院にて無事に男の子が誕生しました。レ・ミゼラブルの舞台稽古中で立ち会うことは出来ませんでしたが、2992gで産まれてきて母子共に健康です」とつづり、長男とのツーショットを掲載。

 「我が子を抱きしめ命の重さを肌で感じ、表現者として、人として、父親として、更に精進しなければと強く想いました」と父としての自覚を込めた。

 福井は12年まで「劇団四季」に所属し、「キャッツ」「アイーダ」「美女と野獣」などに出演。退団後は「レ・ミゼラブル」などに出演。18年5月に女優の稲田みづ紀(37)と結婚していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月20日のニュース