希林さん講演 初の映像商品化「ある日の遺言…」、人生語る62分

[ 2019年4月20日 06:10 ]

自身初めてとなる講演の映像商品のパッケージ
Photo By 提供写真

 昨年9月に亡くなった女優の樹木希林さん(享年75)の生前の講演の模様が、初めて映像商品化された。

 全身がん闘病中の16年10月に静岡県で行った講演を収録したもので、全編62分。タイトルは「樹木希林ある日の遺言 食べるのも日常 死ぬのも日常」。元テレビ朝日で、希林さんと親交のあった映像プロデューサーの田川一郎氏(80)が撮影。「何とかこの素晴らしさを世に出したい」と小学館に相談し、商品化に至った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月20日のニュース