「笑点」座布団運び・山田たかお 日曜劇場「集団左遷」で約20年ぶりドラマ「ついに時代が…」

[ 2019年4月20日 07:00 ]

日曜劇場「集団左遷!!」第1話にゲスト出演し、約20年ぶりのドラマ出演を果たす山田たかお(C)TBS
Photo By 提供写真

 日本テレビ「笑点」の座布団運びでおなじみのタレント・山田たかお(62)がTBS日曜劇場「集団左遷!!」(21日スタート、日曜後9・00)の初回にゲスト出演することが分かった。山田のドラマ出演は約20年ぶり。登場シーンは多くはないが、話題を呼びそうだ。

 歌手で俳優の福山雅治(50)が主演を務める“平成最後にして令和最初”の同局看板枠・日曜劇場。作家・江波戸哲夫氏の「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(講談社文庫)を原作に、50歳を目前にして廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山)とリストラ寸前の銀行員たちが協力して下剋上に挑む姿をユーモラスに描く。

 脚本は「ROOKIES」「南極大陸」などのいずみ吉紘氏。演出は「ROOKIES」「義母と娘のブルース」などの平川雄一朗氏、「陸王」「ブラックペアン」などの田中健太氏、「IQ246~華麗なる事件簿~」「コウノドリ」などの韓哲氏が務める。共演は香川照之(53)神木隆之介(25)中村アン(31)井之脇海(23)市村正親(70)三上博史(56)ら個性あふれるキャストが集結した。福山と香川は2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」以来9年ぶりのタッグ。

 日曜劇場初出演の山田が演じるのは、宅配業者役。彼が届ける荷物が第1話のストーリー展開に大きく影響。いつもは座布団を運んでいるが、今回は何を運ぶのか!?

 出演オファーに、山田は「『ついに山田たかおの時代が来たか』と思いました」と笑いながら「今回、赤い着物は着ていませんので、よくテレビを見ていてください!」と呼び掛けている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月20日のニュース