R-1王者の霜降り明星・粗品、僅差で敗れたおいでやす小田へ「100万くらいあげてもいいかな…」

[ 2019年4月20日 22:58 ]

「霜降り明星」粗品
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品(26)が20日放送の関西テレビ「おかべろ」(土曜後2・27)に出演。「R-1ぐらんぷり2019」ファイナリストの面々と激闘を振り返った。

 粗品は同大会でブロック、優勝決定戦ともに僅差の勝ち抜け。いずれのステージも同点で2人が並んだものの、粗品がより多くの審査員から得点を得たことで勝利となった。そんな特別ルールで惜しくも決勝進出を阻まれたのが、この日スタジオに来ていた、おいでやす小田(40)だった。

 小田は特別ルールによる敗北を知った瞬間、何度も飛び跳ね、悔しさをアピール。この日、チャンピオンに限りなく近い位置にいたことは言うまでもなかった。

 粗品はR-1優勝の賞金の使い道を問われ「特に決まってない」と即答。しかし、いろいろと考えた結果「小田さんとか、家族もいらっしゃるんで…。僕は小田さんの出方次第で、もしかしたら100万円くらい全然あげてもいいかなと思ってるんですよ」と、激戦を繰り広げたかつてのライバルへ、何ともうれしい提案をしてみせた。

 すると小田の顔つきが変わり、「(粗品の)靴、舐めますわ」と即答。プライドのカケラもない行動に、共演者たちから笑いが起こっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月20日のニュース