「イッテQ」17・7% 日曜夜の視聴率争い久々“トップ”奪回

[ 2019年4月15日 10:06 ]

イモトアヤコ
Photo By スポニチ

 タレントのイモトアヤコ(33)らが出演する日本テレビ系人気番組「世界の果てまでイッテQ」(日曜後7・58)が14日に放送され、平均視聴率が17・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。“直接対決”で3連敗していたテレビ朝日「ポツンと一軒家」(日曜後7・58)の数字(16・6%)を上回り、同時間帯トップとなった。NHK大河ドラマ「いだてん」(日曜後8・00)は9・6%で9回連続1桁だった。

 「イッテQ」と「ポツンと…」は高い数字での争いが続いている。「イッテQ」の2月24日の放送は平均視聴率は16・3%で、初めて「イッテQ」を0・1%下回った。3月3日は「イッテQ」18・8%で、「ポツンと…」15・9%で勝利したが、同10日は「ポツンと…」が17・0%で、「イッテQ」が16・3%。17日は両番組とも休止だったが、2週ぶりの対決となった同24日も「ポツンと…」が16・1%で、「イッテQ」が16・0%と敗戦。特番対決となった同31日も「ポツンと…」の16・8%に対して「イッテQ」は16・4%だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月15日のニュース