高橋一生主演「東京独身男子」初回5・7% 土曜ナイトドラマ枠最高マーク

[ 2019年4月15日 12:19 ]

テレビ朝日のドラマ「東京独身男子」の制作発表会見に出席した(左から)滝藤賢一、高橋一生、斎藤工
Photo By スポニチ

 俳優の高橋一生(38)が主演を務めるテレビ朝日の土曜ナイトドラマ「東京独身男子」(土曜後11・15)が13日にスタートし、初回の平均視聴率は5・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。同枠の初回放送としては過去最高視聴率で、同枠全体でも18年「おっさんずラブ」最終回に並ぶ最高タイとなった。

 人並み以上の容姿を持ち、スペックも高く、気の合う仲間とつるみながら、独身ライフを楽しむ「AK男子(あえて結婚しない男子)」3人のラブコメディー。高橋が巨大銀行勤務の石橋、共演の斎藤工(37)がバツイチで審美歯科クリニック院長の三好、滝藤賢一(42)が大手法律事務所のボス弁護士の岩倉を演じる。

 第1話は、石橋がかつての恋人と再会して別れを後悔、岩倉は郷里の父親が倒れ、三好は自身のアイデンティティーに関する問題に直面する…という内容だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月15日のニュース