坂上忍 動物“虐待”動画「同じ命…いつかモノ扱いしない日本に」

[ 2019年3月27日 14:00 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(51)が27日、MCを務めるフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。SNSに投稿された犬の“虐待”動画について言及した。

 番組では、トイプードルが飼い主の女性に壁に投げつけられたり、ラブラドール・レトリバーが京都市伏見区の飼い主の女性に蹴り上げられたりしている動画がSNS上で炎上した問題を取り上げた。番組によると、いずれの飼い主も「しつけ」だったと主張。ラブラドール・レトリバーのレイちゃん(16歳、メス)は広島市の動物保護団体の代表に保護され、このほど、老犬介護ホームに入所。飼い主は所有権を放棄したという。

 芸能界きっての愛犬家で今回、被害に遭ったレイちゃんのもとを訪ねたという坂上は「レイちゃんを保護した動物保護団体の代表に対しても心ない誹謗中傷があったらしく、SNSというのも考えてくれないと困るなっていう気がしている」と指摘。その上で「トイプーちゃんも壁に叩きつけられて…思うのは、個人的見解ですが、飼いきれないんだったら頭下げて“すいませんでした”“ナメてました”“飼いきれないんで保護していただけませんか”って、それも一つの勇気なんじゃないかって気がしている。同じ命ですからいつの日かモノ扱いしない日本になってもらいたいと思います」と訴えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年3月27日のニュース