酒井法子、11年ぶりに歌番組出演!意気込み聞かれ「がんばるピー!」

[ 2019年3月27日 21:00 ]

歌手の酒井法子
Photo By スポニチ

 歌手の酒井法子(48)が27日、テレビ東京の特番「THEカラオケ★バトル―またそれやっちゃう?あの大ヒット曲、ご本人は何点出せるのかSP!―」(水曜後6・55)に出演。11年ぶりに歌番組に登場した。

 毎週水曜日の通常放送はプロ、アマ問わず歌自慢がカラオケ採点機で得点を競うが、特番では歌手が自身の歌で何点出せるのか挑む。酒井は95年のヒット曲「碧いうさぎ」を披露した。テレビでの歌唱は、08年4月に出演したNHK「SONGS」以来で、09年の薬物事件後初めて。

 司会の堺正章(72)から、出演オファーがあった時の心境を聞かれ「事務所の人も大喜びで。“地上波キター”みたいな感じでした(笑い)。(オファーが)嬉しかったので、頑張らせていただきたいです」と大喜び。

 堺が「のりピー語はさすがにもう使わないでしょう?」と聞くと「今でも使います。私が“マンモスうれピー”と言うと(ファンの方が)喜んでくれて」とコメント。歌唱前にのりピー語で意気込みをとリクエストを受けると「がんばるピー!」と笑顔で応じた。

 マイクスタンドの前に立つと一瞬緊張の色を浮かべたが、手話を交え伸びやかな声で歌い切った。

 歌い終えると「汗かいちゃいました」と話すも、清々しい表情。気になる点数は「93・942」点と大台を超え「うれしい!」と喜んだ。

 久々のテレビ歌唱に視聴者はネット上で「のりピー、50近いのに若い」「やっぱり綺麗だ」「のりピー語使ってた!マンモスうれピー!」「碧いうさぎ懐かしい。聞き入ってしまった」「過去は消えない事実。でも頑張って」などの反響があった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年3月27日のニュース