映画初主演!松重豊 北川景子と妊活「夢のようなひととき」

[ 2019年3月27日 07:00 ]

映画初主演する松重豊。北川景子と年の差夫婦を演じる
Photo By 提供写真

 俳優松重豊(56)が、芸歴37年目で映画に初主演する。男性不妊をテーマにした映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」(監督細川徹、10月公開)で、作家ヒキタクニオ氏の実体験を基にした同名エッセーの実写化。妻役の女優北川景子(32)と、年の差夫婦で妊活に励む。

 ドラマや映画、舞台に欠かせない名脇役の松重。連続ドラマ初主演作となった「孤独のグルメ」がヒットし、今度は銀幕での主演。「主役、脇役という意識なくこれまで仕事をしてきました。今回も主演ということは考えずに取り組んでいたはずですが…」と控えめにコメントを寄せた。

 二回り近く年の離れた夫婦による、悲喜こもごもの妊活生活を描く作品。製作側は「かなり若い妻がいてもいやらしく映らない中年男」であり、「子供のような可愛らしさのある大人の男」として抜てきした。松重は「妊活モノというのは全く想定外の出演依頼でした」と振り返った。

 昨年春に撮影。松重は男性不妊という現実を受け止めて全力で妊活に取り組むヒキタを、時に頼もしく、時にコミカルに演じた。北川との年齢差を気にしていたが「さすが北川さん、実に自然な夫婦間を醸し出してくれました。夢のようなひととき」と語った。北川も「松重さんと毎日朝から晩まで一緒にいて、本当に家族のような錯覚さえ覚えました」と笑顔で話した。

 中国で来月開催される「第9回北京国際映画祭」への出品も決定。「おいしいカフェに繰り出してスイーツを食べるのが今から楽しみ」と現地入りを心待ちにしている。共演は濱田岳(30)、山中崇(41)、伊東四朗(81)ら。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年3月27日のニュース