M−1審査員・上沼恵美子を批判 とろサーモン久保田&スーマラ武智が暴言を謝罪

[ 2018年12月4日 09:49 ]

とろサーモンの久保田(左)とスーパーマラドーナ武智
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」武智(40)が4日、自身のツイッターを更新。2日の漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2018」で審査員を務めた上沼恵美子(63)に対する暴言を謝罪した。

 久保田と武智は大会直後にインスタライブを配信。動画内では、泥酔しているという久保田が「自分の感情だけで審査しないで」「そろそろもうやめてください」と審査員を批判。「おばはん」「右側のお前だよ」などと暗に上沼を名指ししていた。

 久保田は「この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした。今後は二度とこのような事がないよう深く反省しお詫び申し上げます」と上沼に対する暴言だったことを認め、謝罪。

 同大会で7位に終わっていた武智も「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、M―1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです。申し訳ございませんでした」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年12月4日のニュース