ガキ使「笑ってはいけない」の裏側暴露 移動中のバス内は静寂「今年はひどかった」

[ 2018年12月4日 15:03 ]

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」のレギュラー出演者
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)と浜田雅功(55)が2日深夜放送の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日曜後11・25)に出演。年末恒例の「笑ってはいけない」シリーズの裏側について語った。

 今年で13回目の年越し特番となる人気シリーズ「笑ってはいけない」。今年はトレジャーハンターをテーマに行われる。

 松本は「ダウンタウン2人合わせて110歳。体力的にはきついですよ」と本音。「撮っておいたらいいのにね。(撮影現場まで)ロケバスに乗るけど一言も誰も喋らない」と移動中に会話が全くないことを明かし、浜田も「今年はひどかったな。去年はちょろちょろっと話していたけど、今年は誰も喋らないで、シーンって」と裏側を語った。

 月亭方正(50)が「(バスでは)皆、見たくもない外をずっと見てるんですよ」と補足すると、松本は「(収録の)2週間前ぐらいになると病んでくる。スズメとか見ても幸せそうやなって。自由やもんな、飛び立てるんやもんなって」とうなずいていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年12月4日のニュース