なぜ?雛形あきこ、22年間共演も顔を覚えられない俳優「嫌いってことではないけど…」

[ 2018年12月2日 12:11 ]

タレントの雛形あきこ
Photo By スポニチ

 女優の雛形あきこ(40)が2日放送の日本テレビ「誰だって波乱爆笑」(日曜前9・55)に出演。俳優の武田真治(45)の顔が覚えられないという悩みがあることを明かし、驚かせた。

 雛形と武田はことし3月に放送を終了したフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」でメンバーとして22年間共演。雛形は自身の悩みとして「武田真治な顔」と告白。「武田くんの顔が嫌いってことではないんですけど、顔を覚えるのが苦手なんです」と続けた。

 「22年間、同じ番組をやってたんですけど、毎回会っても、『あ、そう、こういう顔』とは思うんですけど、ちょっと離れて、武田君を思い出してと言われたら、何となくのフォルムは(何とか思い出せる程度)」だとし、「(同じように共演していた)岡村(隆史)さんも加藤(浩次)さんも矢部(浩之)さんも大丈夫なんです。(でも)武田くんは覚えづらい顔なんです」と明かし、笑顔を浮かべた。

 俳優の溝端淳平(29)、フリーアナウンサーの堀尾正明(63)、タレントの岡田結実(18)といった番組MC陣の中で覚えづらいのは「溝端さんです」と申し訳なさそうに告白した雛形。まさかの告白に、溝端は「武田真治さん、ジュノンボーイで僕もそうですから系統的には…」と何とか共通点を見出しつつもショックを受けていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年12月2日のニュース