メンバー・山口 今年は歌ネタ王優勝で「生まれてきて一番いい1年でした」潮は「連覇とM―1決勝」狙う

[ 2018年12月2日 17:22 ]

大阪・阿倍野でのイベントで爆笑をさらったメンバーの山口大樹(左)と潮圭太
Photo By スポニチ

 今年9月の歌ネタ王決定戦で優勝したお笑いコンビ・メンバーは2日、大阪・阿倍野で開催されたあべのルシアス・あべのアポロシネマ開業20周年記念「お笑いスペシャルステージ」に出演。ボケ担当の山口大樹(31)は「生まれてきて一番いい1年でした」と振り返り、ツッコミ担当の潮圭太(30)は「来年は歌ネタ王連覇と、漫才も頑張ってM―1決勝に」と目標を掲げた。

 曲に合わせてネタを進めていくスタイル。600人のファンを前に「闘牛士」の軽快なネタで、メンバーの2人は大きな拍手を浴びた。人気者である先輩のレイザーラモン、アインシュタインらに少しもヒケをとらない大声援。「やったことない経験もたくさんできて、嬉しい1年となりました」と潮は満足そうに2018年を振り返った。

 よしもとの広島所属で全国区の「歌ネタ王決定戦」優勝という初の快挙。周囲から「東京進出しろ」「大阪へ行け」と何度もけしかけられてきたが「来年6月に劇場も復活するので、広島で頑張ります。広島で1強となって、広島を盛り上げていきたい」と山口は中央進出せず、地元に腰を落ち着けて頑張る構えだ。もちろん「歌ネタ王は連覇したい」と潮。“リズムネタ”はさらなる進化を目指す。

 イベントには他に、ラニーノーズ、アイデンティティ、いしいそうたろうが出演した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年12月2日のニュース