本家でもヒロイン演じた尾野真千子 日テレの朝ドラに「ケンカ売ってるのかなって」

[ 2018年12月2日 18:00 ]

日本テレビ、朝ドラマ「生田家の朝」制作発表会見に出席した(左から)バカリズム、福山雅治、ユースケ・サンタマリア、鳥越壮真、関谷瑠紀、尾野真千子
Photo By スポニチ

 10日から日本テレビの情報番組「ZIP!」(月〜金曜前5・50)内で放送される朝ドラマ「生田家の朝」(全13回)の制作発表会見が2日、東京・麹町の同局で行われ、企画プロデュース・主題歌を担当する歌手で俳優の福山雅治(49)、脚本を担当するお笑いタレントのバカリズム(43)をはじめ、主演で父親役のユースケ・サンタマリア(47)、母親役の尾野真千子(37)らが顔をそろえた。

 同作はどこにでもある普通の家族の朝を描くホームドラマで、毎朝7分間、放送される。朝の食卓をテーマに、ユースケと尾野が演じる夫妻の2人の子どもたちを関谷瑠紀(12)と鳥越壮真(6)が演じる。

 同局が“朝ドラ”に挑戦するということに、バカリズムは「今まで夜の時間帯のドラマしか書いたことなかったですし、10股不倫のドラマとか書いてましたから。僕がOL扮する脚本とか書いてましたから、大丈夫かなと思ったんですけど、今まで書いたことなかったので、新鮮な気持ちで面白がれました」とニヤリ。主演のユースケも「深夜の男ですから、俺でいいのかなと思うけど、オファーもあったから。自分は爽やかさがないと思っているから」と苦笑。それでも「真千子ちゃんの明るさと彼女の持っているキャラクターの陽の(部分がある)。そこに子どもたちの屈託ない、ナチュラルが2人がいたら、俺の陰な感じを隠してくれるかなと。そこに僕のエッセンスとして深夜の感じが入ると、逆に面白くなるんじゃないかと思って。それは成功していると自負してます」と自信を見せた。

 尾野は本家の“朝ドラ”、NHK連続テレビ小説「カーネーション」(11年後期)ではヒロインを演じている。オファーを受けて「どうなるんだろうって、不安しかなかった。朝ドラって言うから、ケンカ売ってるのかなって」とポロリ。まさかの言葉に、司会を務める同局の桝太一アナウンサー(37)が「最近、両局は仲いいので」とフォローを入れる場面も。それでも、尾野は「どんな感じなるのか、不安があったけど、バカリさんの台本を見て、面白いし、童話みたいなもので、誰が読んでも“うふ”ってなる感じに想像できて、いいんじゃない?って思った」と笑顔を浮かべた。

 放送は毎日午前7時50分ごろを予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2018年12月2日のニュース