TOKIO国分、紅白連続出場途切れ「1年通して活躍したごほうび…いつかまた出られるよう」

[ 2018年11月15日 08:35 ]

TOKIOの国分太一
Photo By スポニチ

 TOKIOの国分太一(44)が15日、MCを務めるTBS「ビビット」(月〜金曜前8・00)で、14日に出場者が発表された、大みそかのNHK「第69回紅白歌合戦」について言及。デビュー以来24年続いていたTOKIOの連続出場が途切れたことについて「またいつか出られるように頑張りたい」と返り咲きへの思いを言葉にした。

 この日は、14日に発表された紅白出場者のラインナップを紹介。その中に「TOKIO」の名前がなかったことから水を向けられた国分は「今回に関しては、音楽活動もしてませんし、CDも出していませんし。紅白は1年間通して、アーティストとして活躍した人たちのごほうびという形でもあると思う」と話した上で、「選ばれることはまずないだろうなとは思っています」と明かした。

 さらに「稀勢の里関じゃないですけど、ここは休場して、また紅白に向けて…」と、大相撲九州場所で初日から4連敗した横綱の名前を出したところで、コメンテーターの堀尾正明氏(63)から「休場かどうか分からないですよね」と突っ込まる場面も。国分は「こんな失礼なコメントはなかったですね」と謝罪しつつ「私たちの場合はそういう形をとらせていただいて、いつか出られように頑張りたいと思います」ときっぱり話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年11月15日のニュース