「日本レコード大賞」各賞発表 連覇狙う乃木坂46、DA PUMPらが大賞候補

[ 2018年11月16日 00:00 ]

レコード大賞優秀作品賞に選ばれたDA PUMP
Photo By スポニチ

 第60回日本レコード大賞(主催日本作曲家協会)の各賞が15日、発表され、「日本レコード大賞」候補となる優秀作品賞に10組、「最優秀新人賞」候補となる新人賞に4組が選出された。

 優秀作品賞には連覇を狙う乃木坂46、6年ぶりの受賞を狙うAKB48、初受賞を目指す欅坂46の“坂道グループ”のほか、「U.S.A.」(作詞shungo.、作曲クラウディオ・アカティーノら)が大ヒットし、NHK紅白歌合戦に16年ぶりの返り咲きを果たしたDA PUMP、TWICE、SEKAI NO OWARI、西野カナ(29)、三浦大知(31)、三山ひろし(38)、氷川きよし(41)も受賞した。「U.S.A.」は、同名のユーロビートソングのカバーで、外国人作曲の歌が大賞に選ばれれば史上初となる。

 新人賞にはSTU48、辰巳ゆうと、Chuning Candy、BiSHの4組、最優秀歌唱賞はMISIA(40)が初選出。最優秀アルバム賞には米津玄師の「BOOTLEG」。また、長年の功績を称える特別功労賞には、今年死去した樹木希林さん、西城秀樹さんらが選ばれた。

 大賞、最優秀新人賞は12月30日に決定。同日のTBS系「第60回 輝く!日本レコード大賞」(後5・30)で生放送される。今回は60回記念とあり、午後11時まで5時間半の生放送。さらにMISIAは民放では初の歌唱となる。

 主な受賞者と受賞曲は以下の通り

 【優秀作品賞】「アンビバレント」欅坂46、「いごっそ魂」三山ひろし、「Wake Me Up」TWICE、「サザンカ」SEKAI NO OWARI、「勝負の花道」氷川きよし、「シンクロニシティ」乃木坂46、「Teacher Teacher」AKB48、「Be Myself」三浦大知、「Bedtime Story」西野カナ、「U.S.A.」DA PUMP

 【最優秀歌唱賞】MISIA

 【新人賞】STU48、辰巳ゆうと、Chuning Candy、BiSH

 【特別賞】小室哲哉、サザンオールスターズ、DA PUMP、米津玄師

 【最優秀アルバム賞】「BOOTLEG」米津玄師

 【優秀アルバム賞】「EXITENTIALIST A XIE XIE」THE BEATNIKS、「オトノエ」和楽器バンド、「SHINOBU avec PIAF」大竹しのぶ、「初恋」宇多田ヒカル

 【作曲賞】丸谷マナブ「世界はあなたに笑いかけている」Little Glee Monster

 【作詞賞】松井五郎「恋町カウンター」竹島宏、「さらせ冬の嵐」山内恵介

 【編曲賞】久保田真悟(Jazzin’park)「もし君を許せたら」家入レオ

 【企画賞】「I」JUJU、「愛を頑張って」和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生、「雨に濡れて二人」市川由紀乃&横山剣(クレイジーケンバンド)、「歌い続けて60年 ふり返ればビューティフルメモリー―85才の私からあなたへ―」菅原洋一、「SINGER5」島津亜矢、「スキマノハナタバ〜Love Song Selection〜」スキマスイッチ、「Deserie − Doo Wop Nuggets Vol. 1」「Your Tender Lips− Doo Wop Nuggets Vol. 2」「That’s My Desire− Doo Wop Nuggets Vol. 3」監修・選曲・解説:山下達郎、「ブラザー」北島兄弟(北山たけし&大江裕)、「前川清大辞典」前川清

 【日本作曲家協会選奨】純烈

 【功労賞】佐野博美、白根一男、松島アキラ

 【特別功労賞】井上堯之、小田裕一郎、樹木希林、西城秀樹、森岡賢一郎

 ※各項目50音順、敬称略

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年11月15日のニュース