東京五輪・パラ 香取慎吾らスタッフユニ選考委、初会合に出席

[ 2018年11月15日 05:30 ]

初会合を前にあいさつを交わす選考委員の香取慎吾(右)とコシノヒロコさん(中央)=14日午前、東京都港区
Photo By 共同

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は14日、ボランティアを含む大会スタッフのユニホームのデザインを決める選考委員会の初会合を開催した。

 委員の元SMAPの香取慎吾、ファッションデザイナーのコシノヒロコさんらが出席した。ユニホームは大会の基本カラーである日本の伝統色の藍、紅、桜、藤、松葉の中から決める方針。大会スポンサーのアシックスと組織委で製作した30のデザイン案から絞り込み、来年3月中旬までに大会スタッフ用と東京都が募集する都市ボランティア用の2種類を決める。公募は実施しない。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年11月15日のニュース