キンプリ ジャニー社長から初出場通達「ユーたち紅白だから」

[ 2018年11月15日 05:30 ]

「第69回NHK紅白歌合戦」出場歌手発表

「第69回NHK紅白歌合戦」出場歌手発表会見 King&Princeの(左から)高橋、永瀬、平野、岸、神宮寺
Photo By スポニチ

 「King&Prince」は登壇した7組の“センター”で初々しい表情を見せた。平野紫耀(21)は「まだ1年目で年末の大舞台に立たせていただけて、皆さんに感謝しています」と目を輝かせた。

 5月発売のデビュー曲「シンデレラガール」の出荷が80万枚超えのヒット。先月発売の新曲「Memorial」も出足好調で、2作連続で初週40万枚以上を売り上げる高数字を叩き出している。NHKの渋谷義人チーフプロデューサー(CP)は「リリース2作ともチャート1位で、今年の新人でも一番の活躍だった」と選考理由を語った。

 出場を知った瞬間を聞かれた永瀬廉(19)は「昨日(13日)、ジャニーさん(喜多川社長)に稽古場に呼ばれて聞きました」と明かした。当時の様子を「ジャニーさんが手招きして“君たち、ちょっと来て。誰にも内緒だからね。ユーたち、紅白だから!!”とだけ言い残して、去っていった」と笑顔で説明し「内緒と言われたので、喜びをどう消化していいか大変だった」と話して笑わせた。

 先月、パニック障害の治療に専念するため、メンバーの岩橋玄樹(21)が当面活動を休止すると発表。この日、リーダーの岸優太(23)は「今回は5人という形になる。彼の舞台も背負っての舞台になります」と意気込みを語った。

 岩橋には出場を報告し喜びを分かち合ったといい「玄樹くんには“見ててね”と伝えた。本人も悔しい思いはしてたんですけど“絶対見るから!”と言われた」と絆を口にした。国民的音楽番組から国民的アイドルへさらなる飛躍を目指す。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年11月15日のニュース